お問い合わせ:0867-62-3730

「わんこ旅大分編」お食事だワン♪

こんにちは。「わんこの宿 わんこあん」まきまきです!

今日は・・・なんの変哲もない穏やかな日でした(笑) ちょっとまおまおとケンカしたくらい(笑)

さてさて、「わんこ旅日記」も終わりに近づいてきましたよ♪

それにしても、長ーーーーーーーー長すぎ???

もうちょっとですから、飽きずにお読みくださいませ!

お世話になっておりますお宿は、大分県湯布院温泉「一壺天」さん!

18時までのんびりゆったり過ごしまして、いよいよお食事の時間♪

個室のお食事処は、もちろん、エースもアンディも一緒です!

この日は、わんこ連れのお部屋のお食事は、18時からと決まっていました。その日によって、ちがうのかもしれません。わんこあんファミリーは、15時には到着していましたので、おなかペコペコ。なので、いつもは食べない18時からという早い夕食開始がありがたかったですよ♪

IMG_3047

こんな素敵なお食事処だワン♪

アンちゃんには、ちゃーんと椅子を用意してくださいました。いいコにお座りしてるでしょ〜

エースは・・・

IMG_3049

はい!

安定の情けない顔です(^_^;)

わんこ用に、ブルーのかわいい敷物を用意してくださいました! アンちゃんの椅子にも、実は敷いていますよ〜!

IMG_3048

美しく盛り付けられた前菜・・・ここからワクワク感、マックスです!!!

 

・・・・・・・って、、、あれーーーーー???

チェックしてみましたら、これ以外に画像が全然ない(−_−;)

うそだーーーーーーー!!!

 

って、ほんとでした。。。

いや、冗談じゃなくって、真面目に、お食事を楽しみすぎて、写真を撮り忘れていました。。。

 

・・・・・ってことで。

一気に飛んで、朝食です。。。

IMG_3061

夕食時とは、ちがう場所でのお食事でした。

爽やかな朝だワン♪

この、朝ごはんがね、めちゃくっちゃ美味しくって・・・TAKAのおなかが・・・

では、なくって。

IMG_3064

特にこの、アサリのお味噌汁が絶品!!!

珍しく、ご飯をおかわりしてしまったまきまきです。

IMG_3074

最後には、こんなにステキなデザートまで・・・

はい、ここでお気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、味噌汁とデザート以外は、やっぱり撮ってません!!!

きっぱり言うのが男らしいかどうかは別にして・・・

 

写真がないので、説得力はないかもしれませんが、「一壺天」さんのお料理は、コース仕立てで、とても美味しかったです。

こどもたちやTAKAは、初日にこちらの上品なお料理を食べて、2日目に「狗の郷」さんの頼み放題システムがよかったな〜〜〜なーんて言っていましたが、まきまきは、この順番がよかったな、って思いました。

「一壺天」さんのお料理のページはこちら

とーーーってもおもしろかったのが・・・

IMG_3039

これね、廊下の様子なのですが・・・履物が置いてあるでしょう?

実は、ココがお食事処の入り口なんですよ〜〜〜

隠れ家的と言いますか・・・何か壺の中に入り込むような・・・そんな感覚・・・

廊下と、障子一枚しか隔てられていないのに、外の物音が、まったく聞こえないのも、まるで壺の中のよう。

 

実は、「一壺天」さんの名前の由来というのが。

 

「壷中の天」・・・

俗世間とは異なった別天地、別世界のこと。「壺(つぼ)の中の世界」の意で、転じて、酒を飲んでこの世の憂さを忘れる楽しみをいう。
中国、後漢(ごかん)の費長房(ひちょうぼう)がかつて市の役人をしていたとき、薬売りの老人が店をしまうと、店先に掛けておいた壺の中に跳び入るのを、だれ1人気づかなかったが、費長房ははるかに楼上からこれを見、老人に頼み込んで壺の中に入れてもらったところ、中にはりっぱな建物が建ち並び、美酒佳肴(かこう)がいっぱいあり、費長房は、老人とともに歓を尽くしたと伝える、『後漢書(ごかんじょ)』「方術伝」の故事による。

 

まさに、この宿こそが、「壷中の天」

 

この世にいながらしての別世界を、心ゆくまで楽しみました。