お問い合わせ:0867-62-3730

「にしん蕎麦」を食べる日?

今日はですね、なぜだか「にしん蕎麦」についてのブログを書きます。

なぜか?というと、お題だからです。

何のお題?かというと、ただいま参加しております、#ブログマラソンのお題なのです。

11月から参加している「マックスブログ塾」の塾長から出ましたお題。

 

このお題を目にしたのは、ちょうどエクスマ塾同期トムのお店「楽ちん 伏見本店」にお邪魔しているときでした。

トムに「にしん蕎麦がお題なんだってー」と話したところ

「にしん蕎麦の本場は京都よ!」

って教えてもらって、なんてタイムリー♪と。

 

・・・・・でもね、好きじゃない感じなのですよ。「にしん蕎麦」

あまり美味しそうじゃない・・・食べたことないですけど(^_^;)

こっちのうどんのほうが、美味しそうでしょ。

ちなみにこのうどんは、真庭市の名店、まきまき大好きな「味平」さんの天ぷらうどんです♪

世界一大好きなうどんです。

これは「真庭ラーメン」これも大好き♪ 真庭サービスエリアの名物。

真庭市勝山「赤門」さんのラーメンも美味しい♪

真庭市蒜山の「瓢泉亭」さんの「肉うどん」・・・って、ここお蕎麦屋さんなのに、うどん頼んでるし。

 

あーーーーそもそも、お蕎麦もそんなに好きじゃないのね、自分。。。

 

 

あえて、なぜ「にしん蕎麦」なんだろう?いやだーーーって思いました。

 

そこで、「にしん蕎麦」について調べてみましたら・・・現在、京都市四条大橋近くの南座にある「松葉」が元祖である。

って、昨日、夜ご飯、南座のすぐ近くで食べたし!

トムに話きいて、すぐ調べたらよかったのに、あまり好きな感じじゃないものだから、今日になって調べたのがいけなかった・・・せめて、「松葉」の前で写真でも撮っとけばよかった・・・

 

 

あまり美味しくないだろうなーーーと思いつつ、それでも昔から長く続いているメニューってことは、ファンがいるってこと。

そうだなーーー岡山県湯原温泉なら、鮎蕎麦なんていいかもしれない。

鮎の甘露煮をお蕎麦に入れて食べる!

「わんこあん」の名物料理になるかも???

 

・・・と、いうことで。

今年、鮎解禁になったら、甘露煮を作って、「鮎蕎麦」を作ってみようと思います♪

 

そんなこんなで、もしかしたら、一生「にしん蕎麦」は食べないかもしれません。

以上です!