お問い合わせ:0867-62-3730

なぜだか原点のお話に?

昨日のブログ記事をシェアしたFacebookページに、コメントをいただきました。

「流石にここの露天風呂は寒いだろうな」

 

そうなのです〜寒いのです(・・;)

この時期は、めっちゃ寒いです。

でも、そこは温泉♡

 

 

「わんこあん」のお部屋には5室すべてに露天風呂と足湯がついています。

 

旅館といえばやっぱり露天風呂!?

 

露天風呂付客室って、まだまだ人気が高いですよね。

温泉といえば、露天風呂。

 

そして、旅館といえば大浴場がつきもの。

実家の旅館にも、まきまきが生まれる前から大浴場がありました。

 

家のお風呂は普通、小さいから、温泉旅館に泊まる大きな楽しみのひとつが、大きなお風呂に入ることだったと思います。

それは、今でもかわりませんよね。

大きなお風呂に入る贅沢を楽しみたくって、温泉旅館に泊まる。

 

その後、改装を機に、男性風呂女性風呂それぞれに、内風呂と露天風呂ができました。

これがたしか、20年以上前。

旅館にはどこでも、内風呂も露天風呂もあるだろう、というのが、お客さまの認識となっていきました。

 

もちろん、ないところもありますが、「あるだろう」と思われるお客さまが多くなっていったと思います。

 

そして、それから。数年後。

貸切露天風呂ができました。

内風呂の貸切風呂は、改装のときにあったけど、やっぱり露天!

と、いうことで、屋上に貸切露天風呂を作ったのです。

 

家族やカップル水入らずで、露天風呂を楽しめる、貸切露天風呂。

湯原温泉でも、かなり早い時期にできた屋上貸切露天風呂でした。

あまり近場になかったので、これがものすごくご好評をいただきまして、日帰り利用も、めちゃくちゃ多くて、驚きました!

 

その後。

実は、まきまきの実家の旅館、火事になりまして・・・

 

まさか人生において、家が火事になるとは思ってもいませんでした。

 

お泊まりのお客さまに、お怪我はなかったけれど、かなりの規模の火災でした。

どんどん火に包まれていく旅館の姿、忘れられません。

 

そのときに焼けたのが、改装をし残していた箇所で。

 

実は、この改装をし残していた古い客室で、実家の旅館はペットの宿泊を受け入れていました。

わんこだけでなく、猫、フェレット、鳥、うさぎ、爬虫類・・・

これまた当時では珍しい旅館でした。

 

それがものすごく楽しくって。

いろんな動物が、その中でもわんこちゃんが泊まりに来る日が、楽しみで楽しみでしかたなくって。

その日が来るのが待ち遠しくってたまらなかった。

 

「わんこあん」の原点、ここにあり?

思い出深い旧館部分。

大好きなわんこちゃんの受け入れをしていた客室が焼けてしまって、かなりショックだった。

でも、人生悪いことばかりじゃない。

 

この、焼けてしまったところに、また新たな試みをしたのです〜

 

なんと!

まだまだ当時は珍しかった「露天風呂付客室」を作ったのです!!!

 

だれかと一緒に入る大浴場の露天風呂。

それが、好きな人と入れる「貸切露天風呂」に。

そしてそして、さらには、「好きな人と好きなだけ好きなときに」入れる「露天風呂客室」に。

 

このフレーズが大好きで。

「好きな人と、好きなだけ、好きなときに」

当時の、じゃらんの担当さんが考えてくれたコピー。

 

その担当さんとは、一緒にいろんなプランを考えました。

プラン作り、お客さまを呼び込む仕掛けを考える楽しさは、彼女からたくさん教わりました。

 

いろんな媒体で取り上げていただいて。

JTBの「露天風呂付客室のある宿」のパンフレットにも載せてもらいました。

インターネット予約が盛んになる前だったから、雑誌「じゃらん」にいろんなプランを考えて載せました。

 

露天風呂付客室の、走りでした。

 

そしてその後。

館内に「足湯」を作りました。

 

実家の旅館は、温泉街のど真ん中にあるから、ロケーションがとっても悪い。

窓を開けると、隣の宿の壁だったり、お墓だったり。

だからこそ、いろんな手段を講じて、お客さまに喜んでいただこうと。

 

大浴場

大浴場の露天風呂

貸切家族風呂

貸切露天風呂

露天風呂付客室

ペットと泊まれる客室

足湯

 

と、いろんなことを取り入れて、前に進みました。

 

旅館には「アクセサリー」が必要。

 

直接的な集客につながらなくても、お客さまに喜んでいただく、「アクセサリー」が必要。

 

 

これ、すべて父から学んだことです。

 

だれのために???

だから今。

 

これまでの旅館人生で、一番おもてなしして楽しかったわんこと一緒に泊まってくださるお客さまのために

「わんこあん」を作りました。

 

わんこと一緒に大切な時間を過ごすための宿。

 

 

ひとときもわんこと離れたくないお客さまのために、お部屋にお風呂を。

お風呂はやっぱり露天風呂を。

アクセサリーとしての、足湯を。

 

わんこちゃんがお留守番になっちゃうから、大浴場も貸切風呂も、なし。

 

そうです。

 

「わんこあん」には大浴場はありません。

お風呂はお部屋についているお風呂のみです。

お部屋に内風呂はありません。

お部屋には露天風呂のみです。

 

寒いけど・・・

温泉だから、温まりますよ〜〜〜!!!

せっかくだから、露天風呂を楽しみましょう♪

 

・・・あれれ?

これを書きたくって、ブログを書き始めたのですが、なぜだか昔話に。

 

 

あ。

こんな話を書いたからと言って、父の先が短いわけではありません。

病のデパートですから、あまり長くはないと思いますが、まだ何とか元気です(笑)